<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

行ってきます!

いよいよ明日の成田出迎えから、ツアー本番です。

今日は明日の宿泊先へのバゲッジを送ったり、必要書類をプリントアウトしたり、参加者への資料をコピーしたりetc.といろんな作業に明け暮れました。

ここ数日はツアー中の業務の確認をしたり、旅行会社に行って打ち合わせをしたりでとっても忙しかったので、肝心のガイディングのお勉強はまったくできていません。

先日金沢同行をした際、あの超ベテランのIさんでさえ、「もうね、ガイディングのお勉強なんてする暇なんてないのよ。ほとんど添乗業務。だから私は毎朝5時起きで年号だとか、訪問地の情報だとかをインプットするわけ。」

と言ってたし、先月(あー、もうあれから1ヶ月経っちゃった)同行したMさんも、「この仕事は99%が添乗業務よ」と言っていました。。。。とはいえ、お二人とも訪問地の説明もすごいんですけどね。

でもここまで準備(イタリア語の準備じゃなく、旅行&添乗業務の準備)が大変とは思いませんでした。

最初は都内から業務は始まりますがが、成田出迎えからホテル到着が遅くなること、私の家とホテルとの距離などの関係で、東京滞在中もホテルを準備してもらうことになり、これで4時半起きはなくなりましたが、10日外泊になり、おまけに洗濯をする暇はなさそうなので、今日のパッキングは、インナーからハンカチまでを1セットにして(着まわすニットやスカートなどは別として)1日ごとにまとめて透明袋に入れ、それ以外に予備を少々。

靴も全部で3足。

日本ですからいざとなれば購入できますが、その暇があるのかどうかもわかりませんしね。

・・・・ってことで、なんとか荷造り終了。

初めて会う瞬間が最もドキドキしますが、今回はガイディング前日の出迎えで会うのでちょっと気が楽です。しかも夕方ですから、朝はゆっくりですしね。
いつもは朝にホテルや空港で会うため、前日の夜は緊張で眠れないので、今回の方がいい感じ。

ずっとずっと、思えば先月の同行前から、緊張で寝付けなかったり、夜中に仕事を思い出して目が覚めたり、ほんとにドキドキな毎日でしたが、ここまで来たらもう肚をくくりました。

あとは、もうでたとこ勝負。

そういうハラハラドキドキも含め、存分に楽しんできます072.gif
[PR]

by micol_126 | 2016-04-20 00:54 | 仕事 | Comments(0)

金沢

下見で初めての金沢。

今日がツアー同行というのに、昨日既に歩きすぎてくたくた。。。

でも、がんばろー☆

1日でこんなに疲れたらロングツアーはどんだけ疲れるんだろ。。。と、不安になりますが、昨夜早めの夕食のあと一人でホテルに入ってけっこう寂しかったので、これならたとえ仕事でもみんなでわいわいガヤガヤいた方がいいのかも。。。とも思いました(^。^)y

どんなときも、その瞬間を愉しむ気持ちは忘れたくないですね!


北陸新幹線、長いトンネルをぬけるとそこは雪国でした~
f0261628_08174051.jpg

[PR]

by micol_126 | 2016-04-14 08:10 | 散策&下見&準備 | Comments(0)

ライブ

友達のライブに行ってきました。

f0261628_9593922.jpg


4,5年前からの知り合いでしたが、彼女が実はミュージシャンだったってことを知ったのはつい1年ほど前。

4月10日は夫のバースデーなので、彼女からお誘いのラインが届いた時、断ろうかと迷いましたが、去年声をかけてもらった時も都合が悪くて行けなかったということもありましたし、まあ、でもなにより、やっぱり彼女の声を聴いてみたかったっていうのが1番。

とはいえ、ギタリストやベースなど4人とのコラボで、知らないミュージシャンばかりだし、曲もどんなの歌うのか知らなかったので、どうかな~、好みだったらいいなあ~と、まったくプログラムもわからない状態でいったのですが・・・・

1曲目からもろ直球072.gif

最初の曲は1人、次の曲は2人、そして3人、4人とだんだん増えていくプログラム構成になっていたのですけど、1曲目がなんとクラシックギターでの演奏、バーデン・パウエル の「名無しのワルツ」 。

2曲目がクラシックギターとジャズギターのセッションでピアソラ。。。。

ロックかポピュラー音楽のライブかと思って来たら、最初から「このライブのジャンルはなんなんだろーーー、よくわからないけど大好き~053.gif」モードに入り、そのあとは彼女たちの作り出す独特な世界をまったりと存分に楽しみました016.gif

それでそれで、彼女の声、ほんとにすごかった060.gif 1曲の中でころころ声音がかわる七変化005.gif
すごすぎる。

英語の発音もめちゃくちゃいい072.gif な~んだ、喋れるの隠してたんだ・・・って思い始めた頃、曲の合間のトークで、彼女が「こんだけ英語の歌うたっているのに全然喋れませんから」って言われて2度びっくり。よほど耳がいいのでしょうね。。。

まったりリラックスして楽しめた半面、ビシバシ刺激を受けたライブでした。彼女もこんなに頑張っているんだから私も頑張らないと・・・・とパワーもいっぱいもらって帰ってきました069.gif

これからも時間の許す限り彼女の歌を聴きに行きたいなあと思います。

f0261628_101572.jpg


こちらが「名無しのワルツ」(Valsa Sem Nome)。バーデン・パウエルはボサノバ界では有名なギタリストだったのだそうです。

[PR]

by micol_126 | 2016-04-12 10:05 | 好きなこといろいろ | Comments(3)

kabuki

DVDをイタリア人に見せる機会があったら歌舞伎はやっぱりこれかな~

宙づりは、一番安い一幕見席に座ってむしろよかった~と思わせてくれるところもいいんですよね。歌舞伎は庶民の味方だなあ・・・・というか、猿之助さんがそうだったのかも。あとはここにはでていないけど勘三郎さんもね~。

[PR]

by micol_126 | 2016-04-10 00:42 | 散策&下見&準備 | Comments(0)

MUSICA

CDをレンタルしに行ったら、一週間10枚借りて1000円というので、ここぞとばかりに借りてきました。

どこまで使うかわからないけれど、ツアー中のバスの中で、折に触れてかけるかもしれないなあと。

同行したガイドさんも訪問地にちなんだ音楽をかけたり、DVDを見せたり、あの手この手で楽しませていました。

その国を知る方法って色々あると思うけど、音楽や映画、本も大切なツール・・・・というか、私の場合はそればっかりかもしれないけれど・・・・012.gif

ってことで、イタリアに縁のある歌手も含め色々と。

たとえば一昨年イタリア人と結婚した宇○田さんとか、懐かしのヒデと○ザンナ、曲のタイトルがまんまイタリア語のEXI○○。実はイタリアの曲だったってことを知った時腰を抜かすほど驚いた「黒猫の○ンゴ」(子供の頃あんだけ歌ってたんだからどう考えたって日本の曲でしょーって固く信じてた^^;

あとは、訪問地にちなんだ曲。湘南を通る時の(ルート違うかも^^;)サザンとか、箱根が舞台になってる某アニメの主題歌とか、鯉のぼりの時期だから童謡も。

島崎藤村ゆかりの土地も通るから、藤村作詞の「椰子の実」も。

私は学生時代、藤村がとっても好きで、いまでも本はとってあるんだけど、なんと、字が小さく、印刷も薄く、旧仮名遣いだったりして、再読するにはハードル高すぎ。

あんな真面目そうな顔して(藤村の写真を見る限りではね)、姪との不倫を暴いて「新生」とタイトルつけて出版するなんて、年頃の私にはかなり強烈だった。そんな藤村の詩「初恋」は、その姪への想いを綴った作品らしいけど、とってもピュアで、「新生」の内容とのギャップがあることで尚更言葉の美しさが際立つ。

ってことで、「初恋」の曲を探してたんだけど、どうもイメージにあうものがないので、ま、仕方ないから「椰子の実」ね。きっと藤村のことは誰も知らないと思う(イタリアでは翻訳されてないかも)。でも、せっかく彼ゆかりの土地にいくんだから、こんな魅力的な作家がここで生まれたんですよって言えたらいいなーと。

そして、富山県も通ることになるので、陽水の「少年○代」(映画の主人公は富山に疎開したという設定だそうな。でも、これは自分が大好きな曲ってことが一番の理由)

車窓から日本の原風景を見ながら聴くにはもってこいだなあと思うのは、日本の抒情歌を代表する「故郷」かな。これは小学生唱歌の中で一番好きな曲ってことで夫と私の意見が一致。「赤とんぼ」も好きだけど、それはまた初秋にでも。

でもって、ドリカムなんかも聞かせてあげたい・・・ジブリ映画の劇中歌にも使われたユーミンも。。。

結局のところ、ほとんど自分の趣味ではある。。。だから自ずと最新の曲はないかもです。。。^^;

でも、AKBもさわりだけでもいいからDVD見せたいな。しかも絶対ライブね。
本当は宝塚の男役トップスターの黒燕尾のダンスと、玉三郎の舞踊も見せたい。。。。

あーあ、こんなことやっていたら午前中まるごと時間を使ってしまった。
実際1つのツアーで使うのは、2,3曲だと思うんだけど、その時のノリ、客層を見て選曲したいなあと思うから、とりあえずオリジナルセレクションのツアー用CDを1枚作成したのです060.gif

同行ツアーでメモをとったことをワードにまとめる作業が昨日けっこうはかどったというのもあるんだけど、でも、やっぱり音楽やDVDをあれこれ見たりセレクトする作業は楽しい053.gif

午後はワードでの作業、なんとか今日のノルマを終わらせたい・・・大丈夫かしら^^;

f0261628_1240168.jpg

[PR]

by micol_126 | 2016-04-07 12:40 | 散策&下見&準備 | Comments(0)

VIVA 朝ドラ☆

このところの現実逃避楽しみと言ったらなんといっても、朝ドラ016.gifでした。

録画してためてあった分、見終わりました~♪

「あさが来た」、最高でした。半年間存分に楽しませてもらいました072.gif

五代様も新次郎さんも、あさもはつも、惣兵衛さんもみんな素敵でした~053.gif 
千代も、あさに反抗してムッとしている顔が、姪っ子に似ていて(ほんとは良い子037.gif)、とっても好きでした。

BSでやってる「どんど晴れ」ももうすぐ終わり。

「とと姉ちゃん」も、母がずっと購読していた「暮らしの手帖」の創業者のお話のようなので、楽しみです。

BSでは「てるてる家族」というのみたいですが、ミュージカル仕立てで当時も話題作だったんですね。とーっても楽しみ~069.gif
[PR]

by micol_126 | 2016-04-05 17:35 | 好きなこといろいろ | Comments(0)

準備

木曜日に終了してから今日でもう5日も経つというのに、まだ疲労感が抜けず、リハビリと近所への買い物と、1度ジムに行っただけであとは家でごろごろしています・・・

こんなんで務まるんだろうか・・・・

おまけに、本来ならすぐに次の準備にとりかからないと、いえ、とりかかったところで今さらとうてい間に合わないというのに、精神的な消耗も激しく、昨日漸く先日の同行の精算書と報告書をしあげて提出したばかり。。。

ほんとに、こんなんで大丈夫なのかしら・・・と、それが心配で眠れないからなおさら疲れがとれない・・・・

そうこうしているうちに、昨日は、来週の1日だけの下見研修と再来週からのガイディング業務について旅行会社の各担当者からメールが届き、その資料に目を通してビビったり喜んだり不安になったりetc.

かつてイタリアに住んでいたとき、あまりにも毎日色々なことがあるから(日本ではスムーズにいくことが、向こうではまったくスムーズじゃない)、ここは一日のうちに天国と地獄があるね~、と友人と話していたものですが、今の私は、どっちかっていうとそんな感じかな。

ある意味、そういう刺激的な生活を送れることは、幸せなことなのだと思いますけれど。

そういえば、昨日メールに添付してあった資料をみて嬉しかったことがありました。

来週の下見で同行する先輩ガイドさんは、以前、もう7,8年前のことになるのですが、旅行会社で勤務していた際、一度現場がどんなものか見てきてくださいとの上司からの指示で添乗させて頂いたときのガイドさんなんです。今年初めのガイドの集まりの際、久しぶりに再会し名刺交換をしたばかりだったので、さっそく連絡をしてみたら、あちらも覚えてくださっていました。とっても素晴らしい超一級のガイドさんなので、とっても楽しみです。

何一つ間に合わないけれど、とにかく後にはひけないので、まずは目の前にあることを一つずつこなしていくのみ。

スペイン語ツアーの時は関西入りで最後東京だったので、やっぱり最後に東京というのは、慣れている場所でほっとしていいなあ、イタリア語は逆のルートをいくから最後に京都は知識もなく辛いなあと思っていましたが、考え方をかえれば、お客様に慣れていない最初に、比較的慣れている都内や日光で業務できるのは、導入としては楽かな、とポジティブに考えることにしました。

ま、ポジティブシンキングで、でたとこ勝負。

どっちみち、それしかできませんしね012.gif

今はなんとか体力を回復させ、次に向けてのモチベーションアップに努めようと思いますぅ042.gif
[PR]

by micol_126 | 2016-04-05 10:09 | 散策&下見&準備 | Comments(0)

ミッション修了

木曜日に無事ツアー同行が終了しました。

順番は前後しますが、西から広島、大阪、京都、奈良、妻籠、白川郷、高山、箱根、日光、東京を10日間で駆け抜けました。

朝は5時半起床、東京の自宅に帰ってからは都内ホテルまでの距離もあるので4時半起き。

大阪の初日のランチタイムで、先輩ガイドさんに「私の目標は生きて東京に戻ることです」と半分本気で言ったら、彼女に「倒れるならツアー終了日翌日にしてね」と笑いながら言われました037.gif 彼女の方が私の何倍も大変な立場で頑張っているわけですから、単に同行しているだけの私が倒れたらシャレにもなりません012.gif

でも二日目くらいまでは、心身ともにあまりにもつらくて、この先乗り切れるのだろうかと、東京に帰ることだけをひたすら目標にしていました。

それが、高山や箱根で、お客さんと一緒にお風呂に入ったり夕食をとったりしているうちに、ツアー自体にも慣れ、精神的に随分楽になりました。それに本当によいガイドの先輩に恵まれ、参加者の方々もみんないい方で雰囲気もとてもよかったのです。

ツアーの使用言語はスペイン語、ポルトガル語でしたが、私に合わせてイタリア語で挨拶してくれる方もいて、私も日に日にイタリア語で喋ることも多くなり、なんだか最後は色々ごちゃまぜな感じで、その辺のいい加減な感じもラテンな雰囲気でよかったなあと思います。

とはいえ、昨日今日と2日間ほとんど家から出ずのんびりしてもなお、いまだ疲れは取れず。昨夜も10時前に寝て起きたのは8時でしたけど、まだまだ眠~い。

そして意外だったこと。10日間も向こうの言語にどっぷり浸っていると、ツアー後はイタリア語からは遠ざかって、日本語オンリーで生活したくなるということ。これってそのうち慣れてくるのかしら。。慣れてくれないとイタリア語の勉強できなくて困るなあ。。。

でもって、ガイドは1に体力2に体力、3、4がなくて5に体力・・・・・ですね042.gif

それでも終わってしまえば楽しい印象だけが心に残っているから不思議016.gif

これだからガイドはやめられない・・・・と先輩ガイドさんも言っていました。

私はいっぱいいっぱいのところで過ごしてきたので、この10日間のことを消化するにはまだまだ時間がかかりますけれど、貴重な情報や技術をたくさん授けてくださった先輩ガイドに感謝053.gif

次回はいよいよ本番072.gif

きっとこの10日間の何倍も大変なんだろうなぁ・・・・と思いつつも、これこそが私のやりたかったことなんだと思うと、不安な思いの一方で嬉しさもあります。漸くここまできたか~という感じ。震災やその他もろもろで予定より5年も遅れてしまったけど、これからその遅れを取り戻せるように頑張りたいなあと思います058.gif

f0261628_005931.jpg

[PR]

by micol_126 | 2016-04-03 00:13 | 仕事 | Comments(2)