<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

筋トレ&バカンス

届きました~016.gif

これ↓
f0261628_18323868.jpg


筋トレ用のチェア037.gif

ヘルニアになってしまった私を心配して、以前からヘルニアのダンナが新聞広告を見て購入。

今日ダンナが組み立ててあれこれ試してるので
「そんなことやってたら筋肉痛になったり腰痛になって旅行中大変だから今日はやめて」
と、思わずとめてしまいました012.gif

バカンスから帰ってきたら二人で身体鍛えるつもり。

リハビリ兼ねてね006.gif

そうそう、

左足が痺れたまんま、明日から短いバカンス行ってきま~す。
多分ずーっとプールサイドにいるんだろーなー。

ってことで、

本も持った。
f0261628_18211831.jpg


お菓子も持った。
f0261628_18222469.jpg


ちなみに本もお菓子も各100円037.gif

洋服は、飛行機の中と砂漠では(もし行くとしたら)レギンスはくことにして、あとホテル内の食事ではほんのちょっとエレガントに。

f0261628_1823592.jpg


どっちも10年以上前の服かも~^^;

右の赤いのはフィレンツェのセレクトショップで買った麻混の巻きスカート。左はイッセイさんので旦那からのプレゼントでしたが、海外で着てるとリスペクトされるのでこういうときには一応持ってきます072.gif
[PR]

by micol_126 | 2014-08-31 20:13 | 日々の出来事 | Comments(0)

フィットネス2回目

先週に引き続き、フィットネス行ってきました~。

背中をそっちゃいけない、前屈は痛くてできない、腰をあんまり動かせない、左足のかかとをつけない、左足の片足ではたてないetc.012.gif

ってことは、ほとんど動けないってことなんですけど・・・・

で、誰がみても、サボってるとしか思えないような動き方だったと思うんですけど、この1ヶ月の中ではもっとも動かせたほうなんじゃないかな。

2レッスン目のズンバでは腰に張り感があったし、中途半端にかいた汗がエアコンで冷えていくのが心配だったので途中で抜けました。

痛みを感じてしまったら炎症が悪化するので、こわごわ踊ったけど、身体を動かせるっていうだけで幸せ053.gif

その後先生や友達とお昼に行き、スポーツクラブに荷物を取りに戻ったら、別の友達にばったり会い、また彼女とお茶しに行き、家にたどり着いたのが6時半。

今日はリハビリは無理かな~と思ったのですが、フィットネス後の身体をケアしとかないと明日が心配・・・と、急いで行くことに。月曜日は夜もリハビリをやっているので、その点ラッキーだったのです。

担当の方は、あの美系女子072.gif

ひさしぶりだったので、あれこれお喋りしつつ、身体を動かしてもよかったのかどうか聞いたら、少しずつならよいとのこと。

ペアサルサも聞いてみたら、クイックな動きはちょっとリスキーだけど、自分で怖いと思わなかったら(痛いときは踊ること自体が怖いので)、様子見ながら試してみてもいいですよと。

絶対安静にしていれば、もう少し治りは早いのかもしれないけれど、日常生活をするうえでそれは無理だし、リハビリにもちゃんと通っているから、よくケアをしつつ、少しずつ身体を動かしていくことにしました。

でもって、フィットネス翌日の今日、不思議と腰の痛みがほとんどなかったので、前屈を試してみたら、なんとびっくり、できるようになっていました~038.gif

私の身体になにがおきたの~~???ほんと、不思議です。昨日までは痛かったのになあ。

左足は、ふくらはぎの下の部分からつま先までずっと痺れた状態でまだまだ完治するには時間がかかりそうだけど、前屈ができるようになったのは大きな前進。

リハビリのストレッチも頑張って続けて、早く治るよう頑張ろう072.gif

痛みを感じないように感じないように、怖々踊っていたんだけど、少々無理して踊った最後の曲はこれ~。1レッスン目の最後にかかりました。大好きな曲。この曲は一人でもペアで踊るのもどっちも好きだな~。

[PR]

by micol_126 | 2014-08-26 15:01 | fitness | Comments(0)

vacanze@おうち

暑い日はまったくなんにもやる気がおきません。

南の人たちって、朝から町中で踊ってるイメージがあるのですけど(もちろん全部が全部ってわけじゃないですよ)、気持ちわかるなあ・・・・

朝起きてすでに暑かったら、朝ご飯食べて、洗濯でもしたら、あとは昼寝するか、踊るか歌うか・・・・つまり、仕事とか勉強なんて集中してできないってことですよ。

で、一昨日カフェ勉にいって1時間以上持たなかったので、昨日は自室に籠りPCにてDVD鑑賞。勉強ははなからあきらめました。

観たのは、数年前に購入して一度途中まで観たもののストーリーにはいりこめず放置していたRomanzo criminaleのTV版です。

映画は「野良犬たちの掟」という邦題で、日本での公開もされました。

こちらが映画版ね↓
f0261628_10215976.jpg


で、昨日観たTV版がこちら↓
f0261628_10224541.jpg


1話1時間なのですが、昨日は2話分観ました♪

話すスピードについていけないのでイタリア語の字幕を付けてね^^;

映画はとっても気取っていて美しかったけど、TVはいかにもローマにいそーな人たちでリアリスティックで映画とはまた一味違った面白さがあります。

イタリアでは、シチリアにはマフィア、ナポリにはカモッラ、カラブリアにはンドランゲタ等、つまり日本で言うやくざの○○組のような一団がいくつかあるのですけれど、70年代当時ローマにはそういうオフィシャル(?)な組が存在していなかったのだそうです(といってもドラマの話。でもおそらく本当にそうだったのではないかと思います)。個々に活動をしていて(って、つまり悪事を働いているってことなのですが)、なにか大きな企みがある際に、その都度仲間を募り、一つ事を終えては解散し、、、ということだったらしいのですが、ローマで初めての組をつくろうぜっていうのが、TVシリーズでの物語の始まりになっています。

この一味は実際にはラ バンダ デッラ マリアーナ(La banda della Magliana)と呼ばれているらしいです。つまり、TVでの登場人物は実在はしていないのだとは思いますが(モデルはいるのかもしれないけれど・・・)、似たような一味は存在していた(今もいるのかな?)ということなのでしょう。

Banda(バンダ)は、辞書でひくと「悪党の一味、仲間、徒党」とでてきます。ちなみにマリアーナはMaglianaという地域のことです。ローマの地下鉄B線の南の方にエウル・マリアーナという駅があります。この駅周辺が全て危険というわけではなく私の知人も住んでいましたし、またもう少し南のエウルはとてもきれいな街並みで、家の価格も高い地域なのですが、私がローマに長期滞在していた10数年前でも、マリアーナは要注意の地域とは言われていました。エウル・マリアーナ駅付近に危険な場所があるのは本当だと思います。

でも、私はよくこの駅で友達と待ち合わせをしていたのですけど、駅自体は普通でしたよ。ただすぐに車に乗って移動していましたので、どのような町なのかというのは実際のところしらないのです。

TVシリーズは、現在のマリアーナでの発砲事件が引き金となり回想するように70年代へと話が展開していくのですが、テロップでしっかりマリアーナって出るんですよね。この地域の普通の場所に住んでる住民から苦情はでなかったんでしょうかね。

ところで、私、映画もTVもダンディって好きなんですよね。

映画版ではClaudio Santamaria(真ん中)がダンディ役
f0261628_1027169.jpg


TV版ではAlessandro Roja(右後ろ)がダンディ。
f0261628_10273060.jpg



それにしても、映画版の配役はつくづく豪華だったなあと。
Pierfrancesco Favino、Kim Rossi Stuart、Claudio Santamaria、Riccardo Scamarcio、Jasmine Trinca、Anna Mouglalis、Stefano Accorsiで監督がMichele Placido。夢の競演でしたね。
DVDあるからこっちも久しぶりに観てみようかしら・・・・

といっても、TVシリーズはシーズン1と2で全22話。当分はこちらを楽しみます072.gif

そういえば、昨日のリハビリは、またまた初めてのお兄さんだったのですが、キャリアの長い方ではないかしら???最近腰に張り感があるので、あまり痛いのいやだなあと思ってたら、それを知っていてのことなのか、超気持ちのよいマッサージでした053.gif うとうとしそうな感じ。

終わったあとに、どうですか?(痛みは和らいだかどうかってことなんだけど)って聞かれたので、「病院じゃなくてスパみたいに気持ちよかったですぅ~」と感想をいってしまったけど、これって、彼らにとっては褒め言葉なんだろうか・・・・私にとっては最上級の褒め言葉だったんですけど、言った後に、もしかして失礼だったのかしら。。。?と、少々不安になりました^^;

まあとにかく、家で映画観て整形外科でリハビリっていうのも、想像の翼を広げれば037.gif、南の国でのバカンス中に観劇行ったりスパでマッサージしてもらうのと同じように楽しめるってことなのよね006.gif
[PR]

by micol_126 | 2014-08-23 11:12 | イタリアあれこれ | Comments(0)

久々にフィットネス

まだまだ左足に痺れが残っていて走ったりはできないんだけど、映画にもいけないし身体も動かせないんじゃ気も滅入るしどんどん退化していきそうだったので、意を決してフィットネス行ってきました~。

結果はオーライ049.gif 身体はそんなに動かせないんですよ。手も派手に動かすと左足にひびくこともあるし、飛び跳ねるのも怖くてあんまりできないので、特にズンバはごまかしごまかしという感じでしたけど、でも久しぶりに気持ちのよい汗をかけて大満足です。

そのあと家に帰りリハビリに行ったら、左足がぱんぱんに腫れていますね~とは言われましたけど、いくつかしちゃいけない動作をしないようにさえすれば身体はむしろ動かしてくださいねと言われたので、そろそろ色々再開しようかなあ。

昨夜は腰の痛みもなく痺れも軽かったので、鎮痛剤も湿布もなしで寝ました。

朝が一番つらいのですけど、それもいつもより楽な気がするし、以前に比べると1段階良い方向に進んだような気がします。

リハビリにはせっせと毎日通っています。

マッサージしてくださる方、このところ立て続けに新しい方にしてもらっています。

お隣のベットでの患者さんのお喋りを聞いていると、ころころ人が代わることへの不満もあるらしく、あの人はいいけどあの人のは痛すぎるだとか、愚痴ってる方もいるのですよね037.gif

私も好みを言いだしたら、あの人がいいなあとかあるけれど、でも、いまのところはお任せでいいんじゃないかと思っています。それにここは申し送りもしっかりしていて、みんな優秀だと思います。

今年の年末に私が1年間で最もお世話になった人(場所)は間違いなくこの整形外科になるのではないかと。

イタリア語の方は、ちょっと抜け殻状態。

前回の仕事がなんとか無事に終わったこと、その直後に頂いたお話が、今の身体にはとうてい無理と思い断ってしまったこと(長期間色々な場所をエスコートするものだったので、下見に行かなきゃいかないことなどを考えると、今の状態では無理だと判断したのです。私よりガッツのある人なら受けるのかもしれませんけれど)で、自分で決めた結果とはいえ、モチベーションが一気に下がってしまいました。

でも、こういうときこそ、勉強して日本に対する理解や、語学力を高め、知識の蓄積をしておかなきゃいけないんですよね・・・・・

ということで、今日はこれから、カフェ勉してこようかな001.gif

確か土曜日の夕方だったかな?虹が見えました072.gif
f0261628_8581170.jpg


最近のズンバの曲はあんまりわからないのですが、この曲好き。

[PR]

by micol_126 | 2014-08-21 09:00 | fitness | Comments(0)

質問攻め

ガイディング中に聞かれたなかからいくつか・・・
みなさんならどのように説明しますか?

「どうして日本人女性は日焼けしたくないの?」

「どうして夏なのにみんなストッキング履いてるの?」

「エスカレーターで歩かないときは左と右どちらに立つの?」

「神社とお寺、あなたはどちらを拝むことが多いの?」

「日本人は借家と持ち家、どっちが多いの?」

「日本人の平均年収は?」

「どうして優先席では携帯電話を使っちゃいけないの?」

「東京湾には漁師さんもいるの?」

「東京では通常の交通機関として船は使われていないの?」
(観光用の隅田川下りに乗船しての質問)

「東京の街では芸者さんには出会えないの?」
(京都では街を歩いていたら会えたのだそう)

「五重塔はなんのためにあるの?」

「スカイツリーはなんのために建てたの?」


質問攻め^^;


これ以外で、イタリア人(だけじゃないかも)との会話でいつか話題に上がりそうなもの、自分の考えをきっちりまとめておいた方がよいものはこの3つかなあ。

1.原発に賛成か反対か。それはなぜ?
2.捕鯨について
3.いるか漁について

4月にイタリアに行った際、1はともかくとして、2と3は、初対面の方からも日本を非難されました。

私は1は反対なので、日本政府がどうであれ自分の考えを曲げることはしませんが、それ以外の日本古来の風習や習慣に関することは、基本的にすべて日本側に立つので、イタリア人の意見に同調することはなく、どれだけ非難されてもできる限り反論します。孤軍奮闘で辛くなる時もありますけれど・・・

いるかが可哀そうなら、豚も牛も鳥もウサギも羊も、すべて可哀そうなはず。

一切の生物を食さず、よって動物はもちろん植物も食べないという仙人のような方に非難されるのであれば、私も納得できると思います。

ご参考までにあるイタリア人が捕鯨・いるか漁を反対している人に対する反論文を書いていますのでリンクします。こういう方がいてくれるのは救いです。

イタリア語版→こちら
日本語訳→こちら

[PR]

by micol_126 | 2014-08-17 17:11 | イタリアあれこれ | Comments(2)

悲しみの青春

今日は午前中にPCでイタリアで随分前に購入したお気に入りのDVDを見て、夕方は近くのシアターに行ってもう一本見ようと思っていたのですが、いざ出かけようとシャワーを浴びている頃から左足が急に痛くなり、エアコンの効いた映画館で1時間半じっと座っていられないだろうと思うような痛さだったので断念。

こういうときは適度に歩くといい、というのは経験上知っているので、予定変更で地元のお店巡りに出かけました。古本屋さんや、靴屋さんなどふらふら周り、でも結局はなにも買わずカフェに入り持参した本を1時間半ほど読書。な~んだ、結局は1時間半座っていられたんじゃない。

昨日は絶不調で、夜中にも痛くて目が覚めたので畳の部屋に行ってストレッチしたりしたけど、今日は調子がよかったのです。悪かったのは映画館に行こうとして外出の用意をしていた時だけ^^;
前屈も以前に比べ随分できるようになりました。

でも、明日は一週間ぶりにリハビリにいくもんね。首をながくして待っていたんだもん。宇宙兄弟の続きも読みたいなぁ037.gif

さて、今日PCで見たのは、映画「悲しみの青春」。
ジョルジョ・バッサーニ著「フィンツィ・コンティーニ家の庭」が映画化された際の邦題です。その主役Micol(ミコル)役はドミニク・サンダ。
以前にも名前の由来については書いたと思いますが、私のハンドルネームmicolはここから拝借しているのですよね~、ドミニク・サンダの美しさを見るにつけ、ちょっと図々しかったかなとも思ってますけど・・・012.gif

今日この映画を見ようと思ったのは、先日お会いしたイタリア人お一人と、この映画のことでちょっとした偶然の一致があり、盛り上がったからなのです。その会話を聞いていた別のイタリア人の方が「Il mondo e` piccolo!」(世間は狭いね~)と。

ストーリー自体は悲しく重いテーマなのですが、映像が美しく、出演者もとても魅力的で、鑑賞後もしばし余韻に浸っていました。


[PR]

by micol_126 | 2014-08-15 22:08 | イタリアあれこれ | Comments(0)

サルサ映画

今年の秋は観たいサルサ映画が2本も。
サルサを実際には踊らない方たちでも楽しめそうな映画ですよ006.gif

それにしても同時期に2本のサルサ映画って普通だったらありえないと思うんだけど
ひょっとして世界的にサルサブーム再来???
ちなみに1本はイギリス映画でもう1本はコロンビア映画。

・・・・・ブーム再来だといいなあ、ローマでももっと楽しめそうだし・・・016.gif

下の動画Ciudad Delirioはコロンビアのカリサルサスクールが舞台になっているみたいなので、なおさら観たいけど、ラテンビート映画祭での上映なので、上手くスケジュールが合えばいいなあ。

「カムバック」(Cuban Fury)


Ciudad Delirio

[PR]

by micol_126 | 2014-08-15 09:05 | salsa | Comments(0)

ほっと一息

ひとまずミッション終了。

ほっと一息ついています。昨日は帰宅後シャワーを浴び、ストレッチをしようと畳の上に横になったら、その後2時間起き上がれませんでした~042.gif

2週間ほど前から日本に滞在し、英語を含めた数人のガイドさんと既に色々な場所を訪問し、神社仏閣を嫌というほど拝観し、また一通りの説明を受けた後の旅行者へのガイディングは、プラスアルファの何かが必要になってきます。そういうときこそ経験値や学習量や下準備がものをいうのですよね~。難しいなあと実感しました。

救いは、語学力を褒めてもらったことかな~。

私自身としては、もっとも心配なところが語学力だったわけなのですが、そんな私のことでもこうして時々褒めてくださるとするなら、ひとえにロベルト達イタリア人友のおかげですね~。

まあ、褒められているうちは、あくまで外国人として上手だということだから、褒められないようにならなくちゃいけないらしいですけれど。。。

それでも今回はけっこう身がまえなくちゃいけない仕事だったので、その方たちから褒められて、素直に嬉しかったです。

反省しきりではあるけれど、これでちょっとモチベーションが上がりました。

そんな折、以前ガイディングした方からメールが届きました。仕事の後一度やり取りしただけだったのですが、バカンス中で時間があるのか、私のことを思い出してくださったみたい。

この仕事の醍醐味だなあと思います。

さて、左足はまだまだ痛くて、身体も思うようには動かないけれど、次に向かって、イタリア語のスキルアップ頑張ります。会話力は今よりもう一段階あがりたいなあと思います。

次回ローマに行ったときに、ロベルトに「あら、上達したじゃない」と、絶対言わせるように頑張ろうと思います058.gif
[PR]

by micol_126 | 2014-08-14 12:27 | 日々の出来事 | Comments(0)

絶好調だったので・・・・

今日は朝から体調がよかったのです。

なんでこんなに身も心も軽いんだろう・・・・・と考えてみたら、このところ痛みを感じなかったことのない左足がなんともないのです。動かしたときは痛い時もあるんだけど、昨日まではなにもしなくてもずきんずきん痛かったので、今日のこの状況は天からの恵みのようにさえ思えてしまいます・・・・なんていうと、ダンナが「またまた~大げさなんだから~」とか言いそうだけど、でも本当にそうなの。


・・・・ってことで、映画観に行っちゃいました。これだったら2時間座ってても大丈夫かな~って思って。

一応念のため、最後列の一番左の席(痛いと左足をもぞもぞ動かしたくなるから)を取ったんです。

・・・・で、結果は、「ちょっと~、いじょーに座高高いんじゃないの~?」と言われるか、「あのね~、そんな行儀悪い恰好で見ていいと思ってんの~?」と言われるかのどっちかだったと思う(言われなかったけど)。もちろん最後列の端っこだから、迷惑はそれほどかけてないと思うのですけどね。

もう、左足が痺れて痺れて大変だったんです。もぞもぞ動かしても狭い席だから限界もあるしね~。
ってことで鑑賞後は絶不調に舞い戻りました~

で、そのあとのリハビリでは、初めてお願いするぽっちゃり系男子だったのですが、事情を説明すると、なぜかいきなり映画の話になり、超盛り上がってしまいました~

はて? 私のリハビリはちゃんとやってもらったんだろうか~???

でも、結果的にはけっこう丁寧にマッサージしてもらい、最後に「慣れてくるともう少し強くもしていこうと思いますので」
と言われました。

そっか、やっぱり1回目はそうとう手加減してるみたいです。

いずれにしても、楽しいリハビリだったからいっか。

ところで、今日見た映画は「マダム・イン・ニューヨーク」
楽しかった~。英語習いたくなっちゃった。ボリウッドダンスもね006.gif

[PR]

by micol_126 | 2014-08-09 00:01 | 日々の出来事 | Comments(0)

Il piu' e' fatto

今日もテクテクテクテク、疲れました~。

左足指先の痺れはほとんどなくなって、指を開けるようになった分、つまづく危険性も低くはなりましたけど、腰から下がどよおおおおんと重くて、ひざ下がぐわんぐわん鈍痛がしてなんか辛いわぁ・・・・

でも、歩いているうちになんだか平気になっちゃうのよね。身体が温まるからなんだろうなあ。

あちこち周った後は表参道でお昼食べて、最後にちょっと散策して帰宅。

f0261628_23101546.jpg


今日は収穫がたくさん。これをもとにあとは、家で準備します。

さて、昨日のリハビリのおにいさんのアドバイス通り、たくさん歩いた後はお風呂に入りストレッチしてちょっと一休みしてリハビリへ。

担当は今日も超美人なお姉さん。この方大好き。

女子にリハビリしてもらうなにがいいって、なんでも相談できるし、どうでもいいことも喋れて気分がとっても楽037.gif

それにしてもこの方のお顔。私にとっては直球ど真ん中なんですよね~。ほんとうにお美しいです。しかもショートカットで、男子と同じ上が白い服で下がグレーのパンツなんて、とにかく一切の色気をそぎ落としたユニフォームなんだけど、それだけに美しさが引き立つのです。声も低温でちょっとハスキーな感じ。

もちろんお姿だけじゃなく、マッサージもとっても丁寧でお上手。アドヴァイスもいっぱいしてくれるんです。

おかげで身も心も軽~くなって帰ってきました053.gif


動画は合唱曲「大地讃頌」。心が清らかになるのよね~。歌の心が伝わってくる味のある指揮がとっても素敵060.gif

[PR]

by micol_126 | 2014-08-08 00:02 | 日々の出来事 | Comments(0)