<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ローマ滞在記6

5月16日(木)

今日も学校をお休み007.gif 熱が下がりません。おまけに雨も降っているし、でもってお部屋の居心地もいいし、来週までに絶対熱を下げたいので、今日こそは丸ごと一日一歩も外に出ず部屋にこもっているつもりなのです。

午後になり少し体調がよくなったので、例によって洗濯をしたり、あとはラジオを聴いたりしながらのんびりしていたのですが、家主のアンナにキッチンで会ったので、来週末も家にいれるかきいてみました。というのも学校から紹介されたこの部屋は、コースが終了する来週金曜日の翌日午前中には部屋を出なければいけないんです。でも私の帰国日は再来週月曜日。なので来週の土曜、日曜の夜も可能なら延泊したかったのです。

すると、それは大丈夫なんだけど、今度の日曜日にフランス人カップルが到着するから(彼女も忘れていたが、リストを眺めていて思いだした)、部屋をもともと滞在予定だったシングルルームに変えてくれないか、と015.gif

あ~ん、もぅ~。姫部屋から女中部屋~????054.gif

熱またあがりそーーーー046.gif

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・゜・*

5月17日(金)

今日は盛りだくさん。ということで、学校また休みたいところだけど、となると今週は2日間しか行かないことになるし、そういえばレッスン後、アントネッラとジョバンナが学校に来る予定だったことを思い出し、行くことにしました。

教材は今日も映画061.gif 
Anna Magnani主演のL'Onorevole Angelinaです。
パスクワーレの選ぶ教材は演劇活動をしている彼らしく、いつもこだわりがあって興味深いです。


レッスン後はアントネッラとジョバンナとpiazza bologna近くにあるシチリア菓子のお店Mizzicaへ。軽食も食べられるので、私はアランチーニとタルトを食べました。

f0261628_17174482.jpg


彼女たちと別れ、一度家に帰り夜のパーティにスタンバイ。体調がちょっとましになってきたような気がするけど気のせいかしら?

夜8時にルカが迎えに来てくれました。これからロベルトと合流して、郊外のパーティ会場へ。

もと語学学校の先生だったナディアが企画したFesta senza motivoというパーティなのです。直訳は「理由のないパーティ」。つまり、誰かの誕生日ってわけでもないし、なんにも理由はないけど、みんなで集まって楽しもうよってパーティなんです。

でもって、驚いたことに会場には私が13年前に語学学校で教えてもらった、ラウラとジャンルーカも。それ以外にも教えてもらいはしなかったけど、もう一人のジャンルーカとバルバラと、でもってロベルトとナディアでしょ。結局語学学校の先生が中心になったパーティってことだったみたいなのです。私は13年ぶりにジャンルーカと再会もできてそれだけでも来たかいがありました。

で、この下の写真、これフェスタでのルカと私053.gif
まるでカップルみたいですけど、ただ単に熱っぽい私がワイン数杯とモヒート2杯飲んで踊ったら気持ち悪くなって、ぐた~っとソファに座ってたら、ルカがやってきて、一緒に写真撮ろう・・・・ってことで、二人で写真撮ってるとこなんです。で、その様子をジャンルーカが撮った写真がこれなの。

f0261628_17332129.jpg


でもって、このフェスタでみんなが踊りまくってるシーンを、私、撮ったんですけど、それがこれ↓。

誰が誰とはいいませんが・・・・003.gif 盛り上がってるぅ。facebookにロベルトがアップするようにと命じた動画なので、ここに載せても誰も文句言わないでしょ037.gif

妊娠5カ月目くらいのラウラも踊っています。深夜12時過ぎ。日本の妊婦さんとは違いますよね058.gif

結局この日家にたどり着いたのは2時半。寝たのは3時過ぎ。久しぶりにこんなに遅くまで遊びました。楽しかった060.gif


[PR]

by micol_126 | 2013-06-23 17:59 | イタリアあれこれ | Comments(0)

ローマ滞在記5

5月15日(水)

今朝起きたら、身体がとても熱いのです007.gif 日本から持参した薬もなくなりつつあるしなあ・・・とのことで、レッスンは休んで寝ていることにしました。お部屋の居心地もいいですしね。

一日中家にいるつもりでいましたが、昼過ぎに起きて、そういえばPCメールのチェックをしなくちゃいけないことに気づきました。こちらの旅行代理店とのアポの確認があるのです。日本の携帯じゃ返事を書くのもまどろっこしいし、お金もかかるし。。。

ということで、お昼を食べてからてくてく歩いて学校へ向かいました。PCが無料で使えるのです。

心待ちにしていた代理店からの返信はなく、結局のところは徒労に終わったのですが、そのあとテルミニ駅まで行き、携帯電話のチャージと両替を済ませ帰宅。夕方のラッシュアワーでバスで1時間もかかってしまいました。なんかローマ、10年前より住みにくくなってる感じ015.gif

この日はロベルト達と夜会う予定になっていたのですけど、体調がいまいちだからうちの近所で会ってくれないかなあ、それともそんなことならまた今度にしようって言われるかなあ、今日あり合わせのものしか食べてないから、中華料理でも食べたいなぁ・・・なんてことを考えていたら、ロベルトから電話。

今朝メールで学校には行かないと伝えてあったので、心配していたようです。案の定、晩御飯はまた今度にしようかって言われたのですが、ろくなものを食べてないというと、今日一日で食べた物を言えと言うので

「えっと、朝はパンとミルクティーとフルーツを食べて、昼はモッツァレッラとサラダと**(以下、何食べたか忘れた)と△△と☆☆とetc.・・・」と言ったら、

「それだけ食べれば充分」

だって015.gif

でも温かいものが食べたかったので、中華に行かない?と提案したら、ロベルト達もちょうど同じことを考えてたらしく、即決定。

ルカとロベルトと3人で、学校のそばにある中華料理のお店で、お腹がはちきれるほど食べました~016.gif

私はスープと白いご飯で大満足037.gif

ちょっと元気になったかも053.gif


話は変わって、下の写真はお部屋の姿見に向かってパチリ。

体調が悪い最初の頃は、お部屋にいる時間が多かったので、床に座ってストレッチしたり、サルサのシャインを踊ったり、クローゼットの扉裏のこの姿見でスタイリングの練習したり・・・部屋の中にいても一人でけっこう楽しんでいたんですよね001.gif
で、実は、開脚の写真もあるのですけど、アップはできないなぁ~^^;
180度開脚できたらね049.gif
f0261628_13414152.jpg

[PR]

by micol_126 | 2013-06-22 09:35 | イタリアあれこれ | Comments(2)

ローマ滞在記4

5月14日(火)

↓は私のお部屋

f0261628_11181494.jpg


素敵でしょ?

facebookに載せたらものすごい反響で、イタリア人の友達も「Camera da principessa」(プリンセスのお部屋)ってコメントしてくれたんです。

実は私、別のお部屋に滞在する予定だったんです。ところが、私の体調が悪いということをしった家主のアンナがお部屋を変えてくれたのです。変えてくれるまではドアが閉まっていたためどんなお部屋かわからなかったんだけど、ドアをあけて息をのみました。

ジュニアスイートって感じ053.gif

ラッキーとしか言えません072.gif

なのになのに・・・・・

はぁ~~~、昨夜は超びっくり005.gif

なにがって、夜11時頃洗面所で洗濯してたんですよね。家主のアンナが洗濯物手洗いするならこれ使っていいわよって貸してくれた大きめの洗面器に洗濯もの入れてごしごし洗って、でもって水をジャーって一気に流したんです・・・

そうしたら床一面が水浸しに・・・・

一瞬なにが起きたか理解できなかったんだけど、洗面台の下の扉を開けたら、なんと、排水管がもげちゃってたの015.gif

慌てて床を拭いたはいいものの、両手にもげた排水管を2本持ち途方にくれる私・・・015.gif 

とはいえそのままにしてもおけないので、アンナにバスルームまで来てもらい事情を話すと、彼女は「あらまぁ・・・・ホントにごめんなさいね~。でも明日ちょうど水道屋さんに他の用事で来てもらうことになてるから、ついでに直してもらうわ」という優しくて心強いお言葉。

やれやれこれで一安心。でもこの一件でますます熱があがってしまいました042.gif

・・・・・という昨夜の出来事を、ロベルトに話したら、

facebookで私の部屋を見ていた彼は

プリンセスが洗濯なんかするからそんなことになるのよ。。。。と。

まあね~、姫部屋にいても、根は一般庶民だからね~012.gif

水道屋さんが約束通り今日来てくれることを祈るしかありません。

学校が終わった後はアントネッラとの待ち合わせがありピラミデへ。ピラミデのあるテスタッチョ地区は、トラステベレに並んで私が最も住みたい場所なんです。ここにはお気に入りのトラットリアがあるのです。

(↓ピラミッドは修復中)
f0261628_11314732.jpg


行った先はDa Oio a Casa Miaというトラットリア。

下町のテスタッチョにはトラディショナルなローマ料理のレストランがあるのですけど、ここもその一つ。

私が絶対食べたかったのはプンタレッレ。プンタレッレはローマの季節野菜で冬に食べるものなのだけど、今年はぎりぎりセーフで間に合いました。単なる野菜っていってしまえばそれまでなんだけどちょっと苦味のあるプンタレッレにアンチョビベースのソースを絡めたこのサラダが妙に美味しいのです。この野菜が好きで、旧ブログではプンタレッリーナなんていうハンドルネームを使っていたほどなんです037.gif 

f0261628_11343648.jpg


その後は彼女とアヴェンティーノの丘をお散歩。10年ぶりに二人っきりで会うので積もる話があるのです。

そしてお喋りしながら向かった先はここ↓
この鍵穴目当てに、観光客がくるんですけど、この鍵穴から見えるもの・・・・それはみなさんが実際にいらしてみてくださいネ。ガイドブックでは種明かしされてるとは思いますけど037.gif

f0261628_1138893.jpg


夕方彼女と別れたあと、身体がそうとう熱かったので帰ろうかと思ったのですが、まだ一度も映画も観ていないし外で夕食もとっていないと思ったら家に直行するのが嫌になり、レプッブリカ広場の近くにある映画館Quattro fontaneでmieleを鑑賞(trailerはこちら)。

f0261628_114635.jpg


映画はよかったけど、体調最悪になってしまいました。。。007.gif

でも、家に帰ったらアンナが玄関まで飛んできて「排水管直ったわよ!」と。

ホントに水道屋さん来てくれたんだ~

「わあい、よかった~060.gif、ホントに修理に来てくれたんだ~。アンナ、ありがと~058.gif

といったら、すかさず彼女が

「ミラクルよ(水道屋さんがきたこと)」と。。。。。

昨夜はあれだけ心強く「明日水道屋さんがくるから・・・」と言ってたアンナだけど、実際来るかどうかは彼女も半信半疑だったみたい(イタリアは約束通りに来ることの方がまれだと思うの)。

奇跡的に1日で直った洗面台で、今後は心ゆくまでお洗濯ができることになりました072.gif
・・・っていっても、洗濯機もあるんだけどね006.gif
[PR]

by micol_126 | 2013-06-21 08:48 | イタリアあれこれ | Comments(0)

ローマ滞在記3

5月13日(月)

この日は学校初日でレベルチェックがある日なのですが、私は去年に引き続きスーペリオーレということが決まっているのでテストは免除。10時まで部屋でのんびりストレッチなどをして学校にでかけました。学校は徒歩20分ほどなので、朝のお散歩がてらの登校です。前日には日本で処方してもらった薬を飲んで寝たのですがまだ微熱があります。クラスの先生は去年の最終週に担当だったパスクワーレ。ロベルトじゃないのが残念だけど、パスクワーレもよい先生なので、2週間楽しみです。

クラスにはスイス人2名、ロシア人2名、セルビア人1名、ポーランド人1名、フィンランド人1名と私の8人。みんな大学でイタリア語を専攻していたり、スイス人なんて同国人にはイタリア語を話す人もいるわけで・・・・つまるところかなりレベルの高いクラスです。けっこう大変そう。。。

この日の教材は映画Le mani sulla citta'

映画の冒頭部分を見たあと(下の動画)、そこから当時の生活、社会背景、問題、映画のテーマなどをディスカッションしていきつつ、文法や慣用表現などの学習をあわせてしていくわけです。
語学学校に通う利点は、自分の知らなかった映画や本に触れることで今までとは違う視点でイタリアを見ることができるようになること、そこから視野が広がることなのではないかと思います。語学学校のレッスンはむしろそこに重点を置いているように思います。


レッスンの後はロベルトと昼食。去年の彼は太ってたけど、この1年間ダイエットに励んだそうで、以前ほどではないけれどだいぶスリムになっていました。見かけによらずストイックなんですよね。仕事もノリにノッてるらしく、いつのまにそんなに立派になっちゃったの???とびっくりなんだけど、この10年間の努力が実を結んだのだと思います。でもプライベートで会ってるときは相変わらずジョークの連発で、気さくでちょっとルナティックで、私の知ってるロベルトのまんまでいてくれるからよかった072.gif

昼食後まだ仕事のあるロベルトと別れ、私は旧市街へ。熱は相変わらずあるけれど、金曜日にローマに着いてから月曜日の今日まで、いまだにローマの街を見ていない、ということに気づいたのです。

まず向かった先はパンテオン。っていっても天井の穴しか写真撮ってないわ。。。037.gif
f0261628_10272455.jpg


そして次に向かったのはサンタマリア・イン・トラステベレ教会
f0261628_10291313.jpg



f0261628_10302090.jpg


この2か所に行かないと私のローマ滞在は始まらないの016.gif

その後家に帰り(ラルゴアルジェンティーナでバスを待ったら30分以上こなくて熱がますます上がりました015.gif)のんびり晩御飯。

熱が早く下がるといいんだけれど・・・
[PR]

by micol_126 | 2013-06-20 10:40 | イタリアあれこれ | Comments(0)

ローマ滞在記2

5月12日(日)

この日は、夕方今後2週間滞在する家に行く予定で、その前には日本人の友達に会う予定だったのですが、あまりにも具合が悪く熱もあってふらふらするので、友達との予定は延期にしてもらい、結局夕方まで寝ていました。

10時頃ごそごそ起きていってキッチンへいくとジョバンナがいて「朝食どうする?」ときくので、「えっと、パンとカフェラッテがいいなあ~」と言って椅子に座りぼーっと待っていると、ジョバンナがいそいそと準備してくれたので、それをむしゃむしゃ食べて、再びベットへ。

熱と疲れでグースカ寝て3時ごろ再びキッチンへ。するとジョバンナがいて「お昼どうする?」と聞くので、いくつかの選択肢の中から「あれとこれ」と言ってもぐもぐ食べて、またベッドへ。

1時間ほど寝て、シャワー浴びて、バゲッジ準備して、夕食をジョバンナに準備してもらってそれをタッパーに入れて、車で滞在先へ送ってもらって、部屋まで荷物はこぶの手伝ってもらって、一緒にスィニョーラに挨拶して、またねって挨拶してジョバンナとさよなら。

ジョバンナ、まるでマンマのよう・・・・

彼女は私の20歳も年下だから、ママにならなきゃいけないのは私なのに015.gif

ほんと、ごめんね~~~、そしてありがとう007.gif


下の写真はジョバンナんちのワンちゃん、オルフェオとロッコ。バリバリの番犬なはずで、入り口にも「猛犬注意」と貼ってあるんだけど、実は単なる見せかけで、とにかく甘えん坊なのです。小鳥や猫に向かっては激しく吠えても、人間に向かって吠えることは皆無。人をみかけるとすぐ寄ってきてゴロンとひっくりかえってゴロゴロしてきます。泥棒にも甘えちゃうんだろうな~。
f0261628_2292688.jpg


ロッコ(rocco)という名前の由来は、彼が岩山(rocca)のある町で生まれたからということですが、イタリア人がroccoと聞いてすぐ思い浮かべるのは、なんと、ポルノディーヴォ(AV男優)のロッコ・シフレディなのだそうです。でもね~、下の写真に写ってるロッコの顔のどこからもポルノディーヴォの雰囲気は漂ってきませんよね~003.gif
f0261628_22104560.jpg


因みにこちらが、ロッコ・シフレディ。美しく品のある写真を載せときま~す037.gif
f0261628_22301811.jpg

[PR]

by micol_126 | 2013-06-17 00:10 | イタリアあれこれ | Comments(0)

ローマ滞在記1

少しずつローマの滞在記を書いていこうと思います。いまだに心の半分はローマに。そんなこともあり2週間の出来事を過去のものとして書く気分になれていなかったのですが、日本の生活リズムも取り戻しつつあることですし、そろそろ振りかえってみようかな001.gif
でも、出来事だけを綴る箇条書きみたいな滞在記になるかと思います^^;


5月10日(金)

パリ経由でローマへ。空港にはジョバンナが車で迎えに来てくれていました。バゲッジがなかなかでてこなかったのですけど、漸くゲット。睡眠不足でふらふら。ジョバンナのうちには二泊の予定。まずはビールで乾杯。パスタとトマトサラダで軽く夕食。


5月11日(土)

ジョバンナのうちの近所にあるcolleverdeという街まで出て携帯電話のリカリカ(チャージのこと)。ついでにメルカートでお買い物。一旦家に戻り昼食。ズッキーニリピエーニでお腹がはちきれそう。午後は近くの公園をお散歩。その時はまだよかったんだけど、公園からの帰り道とっても熱っぽくなり体調悪化。

家に到着後少しベットで休んだ後、9時過ぎにアントネッラと彼が会いに来てくれて4人で夕食。彼女とは10年ぶりの再会だったので、体調はいまいちだったけどとっても楽しいひと時でした。
これもジョバンナが夕食を準備し、彼女たちを招待してくれたからこそなのよね。

友達は一生の財産だなぁとつくづく思いました。そういえば、初対面のアントネッラの彼もとってもオープンマインドで、楽しくお喋り。また4人で会えるといいなぁ016.gif

↓の写真は昼食にジョバンナが準備してくれたブルスケッタ
f0261628_7593425.jpg


これ↓がズッキーニリピエーニ。巨大なのよ~。なかにクスクスが入っていて、それがピリ辛でおいしいの。でも、巨大すぎて残してしまった。。。。これの前にブルスケッタ食べてるしね。胃袋が倍くらいないとダメかも。でもとっても美味しかったのです。
f0261628_7591228.jpg


↓はジョバンナと二人で行った公園。ほとんど自然のまんまなんですよ。
f0261628_802252.jpg

[PR]

by micol_126 | 2013-06-16 16:51 | イタリアあれこれ | Comments(0)

finalmente

漸く時差ぼけが抜けました~

少々忙しくしていることもあり、時差ぼけどころではなくなりました・・・・というのが正直なところですが、疲れていて結局のところいつでも眠いです。

今週は3回サルサに。木曜日はレッスンだけですけれど、月曜日と水曜日はレッスンのあとフリータイムでも踊りました。月曜日に褒められてその気になって、水曜日に踊りに行って、先生とも踊って嬉しかった半面色々考えるところもあり、自分のサルサの限界も感じたけれど、木曜日は妙に褒められて、またまた嬉しかったり・・・・

ま、そんなもんでしょ。

イタリアにいる間は全くサルサには触れなかったけど、そういう時ほど純粋にサルサが踊りたいなあって思えるので、あまり深く入り込まず、いかによい距離を保っていくのか、それがサルサを良き趣味として長続きさせられる秘訣かもしれませんね。


そういえば、水曜日のレッスンの先生が、ルーティーンのひとつであるコパを、「コパはスペイン語でグラス(ワイングラスのように脚付きのグラス)の意味で、なぜかって言うと女性がグラスの形のように両手を広げるからなんだよ~」と説明してくれました。なるほど~。こういう具体的な説明があるとスタイリングしやすいなあって思います。ひとつひとつの技のこういう説明がどこかに書かれているといいんだけど、検索してもヒットしないんですよね~。

あ、それでそれで、私、最近スペイン語の勉強を復活させました。サルサを踊るなら、スペイン語が理解できた方がいいもんね。

下の動画は、某サルサ関係者がfecebookで紹介してらしたものです。
こういうピアノの入ったジャズっぽいの大好き016.gif

Daniel AmatのLejaniaという曲だそうです。

[PR]

by micol_126 | 2013-06-15 23:31 | 日々の出来事 | Comments(0)

I film che ho visto a Roma

ローマでは映画館に4度足を運びました。

いつもより少なかったけれど、粒より。ハズレなしで、4作品とも見る甲斐のあるものばかり。実に効率的な鑑賞ができたなあと大満足です。日本でも公開してくれるといいなあと思います。

以下ポスターとtrailerを載せます。 

Miele
f0261628_859339.jpg

ジャスミン・トリンカ主演。不治の病に侵された人の自殺ほう助を請け負う主人公が、ある男性に出会うことで自らの仕事に疑問を抱いていくというもの。



Sta per piovere
f0261628_8592060.jpg

外国人同士の子供はイタリア生まれであってもイタリア国籍を取得できないという問題を取り扱った話。実話をもとにしたストーリーだそうです。



La grande bellezza
f0261628_8593689.jpg

監督はパオロ・ソッレーンティーノ、主人公はトニ・セルヴィッロ、他の出演者はカルロ・ヴェルドーネ、サブリーナ・フェリッリ・・・カンヌ映画祭出品作品・・・・となれば、見ないわけにはいきません。

映像はファンタスティック。音楽最高。役者は皆実力派でBravissimi、中でもトニ・セルヴィッロはeccezionale(並はずれた素晴らしさ)。
でも実は私、いまいちストーリーわかりませんでした015.gif トニ・セルヴィッロ、ナポリ弁喋ってるし。。。^^;
それでも一見の価値あります069.gif



Viva la liberta'
f0261628_8595482.png

こちらもトニ・セルヴィッロが主役。キャラクターの違う双子の役を一人二役で演じています。

ストーリーも面白いです。

政治家エンリコは、真近かに迫った選挙の結果予報が悪かったことに嫌気がさし、行方をくらませます。そこで双子の片割れで哲学者のジョヴァンニがエンリコ替え玉として選ばれ、ストーリーが展開していきます。

[PR]

by micol_126 | 2013-06-05 09:05 | イタリアあれこれ | Comments(0)

del piu' e del meno

時差ぼけがいまだに解消されず、夕べも明け方まで眠れませんでした。。。007.gif

でも今朝は頑張って早起きしたから今日は眠れるかな。

いまだに心は半分イタリアにあります。滞在記を書きかけてはいるのですが、書こうとするとあまりにも色々な想いがこみあげてきてなかなか文章にできません。ということで、もう少しほとぼりが冷めるのを待つことにします。

でもって、日本のリズムになじもうと思っていた矢先に、ロベルトから電話が。今はskypeのように無料通話ができるアプリが色々あるんですね。

携帯電話を使ってイタリアと日本間で無料で話せるなんて、以前は考えられなかったな。途中とぎれとぎれでよく聞こえなかったりもしましたけど、1時間ほど楽しくお喋りしました037.gif 

10月に会おうって、私がイタリアにいる時から言ってて、今日も言ってたけど、彼が日本に来る可能性はどれくらいあるんだろうか・・・・私、10月には行く予定ないんですけど・・・・^^;

ロベルトのパートナーであるルーカは8月にでも来たいといっていたんですけど、なかなか二人の仕事のスケジュールが合わないみたいなんですよね~。

二人が来日したら、毎日でも一緒にいて美味しいものをたくさん食べてもらうんだけどな。

・・・とまあ、それはいいんだけど、今日、驚いてしまいました、なにがって、私のイタリア語の酷さ015.gif

思ったことが上手く表現できないもどかしさを感じました。もっと深い部分で話がしたいのに・・・と思っても、とてもシンプルな言い方になってしまったりで、ニュアンスを上手く伝えられないのです。

ということで、思わず本屋さんに駆けつけました。

そして購入したのはこれ↓

f0261628_021039.jpg


基本書き言葉ですけど、けっこうこなれた文章ですし、話し言葉としても使えると思います。私はこれをひたすら音読するつもり。手紙文なので、CDはついていませんけれど、とにかくイタリア語がもっとすんなり出てくるように日本でのイタリア語率をあげなくてはと切実に思いました。

イタリア語に触れる時間を増やしつつも、サルサも続けていきたいしで、時間配分に暫くは悩みそうですけれど、上手く両立できたらいいなぁ。

そういえばイタリアでは残念ながらサルサクラブへも、レッスンへも行くことができなかったので、その欲求不満を解消すべく先週末六本木に行ってきました072.gif NYスタイルではなく、LAスタイル中心だったので、曲もちょっといつもと違うなあ・・・という感じだったのだけど、GANGNAM STYLEのメレンゲバージョンで初めて踊って楽しかったな060.gif

この曲、世界中のいろんなところでflashmobやっているんですね。イタリアでもいろんな都市で行われたみたいですけど、ターラントでの動画貼りつけておきま~す016.gif


[PR]

by micol_126 | 2013-06-03 00:08 | イタリアあれこれ | Comments(0)