カテゴリ:ミニマリズム( 7 )

断捨離

実家から帰ってきて忙しくしていました。家にはいたのですけどね。。。まだジムにもいってないし。。。

片付けに拍車がかかり、外出できないのです。

片付けながら思うことは、すっきり住みたい。収納はすべて7割に抑える。不用品はすべて処分し、これからは本当に気に入ったものだけを購入。

まずは私の部屋の机とライトをアンティークにしたいなあ。。。。

物を増やしたら意味がないって感じですけど、でも、好きなものを買うのはokということで。。。


↓の写真は、断捨離には関係ないけど、仙台で友達と入ったピョンピョン舎の冷麺。久しぶりに会ってたくさんお喋りして楽しかったです♪
f0261628_22293749.jpg

一方こちらは、別の友達と行ったパレスホテルのアフタヌーンティ。空也もなか入りのジャパニーズスタイルです。
f0261628_22295844.jpg

[PR]

by micol_126 | 2017-11-27 22:21 | ミニマリズム | Comments(2)

こんまり先生流お片付け

本当は今日から業務開始だったツアー、直前キャンセルになりました。ま、深い事情はあるのですけどね。

ってことで仕方がないからさっさと頭を切り替え、実家に帰ることにしました。。。。と、その前に、最近こんまり先生の片づけ術の動画などを見て、大いに刺激を受けたので、さっそく家の片づけを始めています。昨日は衣類、今日は書籍。

なんでも、こんまり先生いわく、片づけるには順番が大切なのだそう。
1.衣類、2.本、3.書類、4.小物、5.思い出の品

だそうです。実家に帰るまでに書類くらいまでは終わらせたいな~

今までも何度も本の処分はしてきたけれど、今回の私はかなり根性はいっています。処分する本は雑誌も合わせると260冊。

まだまだ今後読まないと思われる本も潜んでいそうだけど、今日のところはこれでいいかな~(徹底的にしないとリバウンドするらしい。。。ちょっと心配^^;)


↓自分の部屋の中にある本を全部和室に持ち込んでみました。
f0261628_13355756.jpg
↓森瑤子さんの本も、今回はエッセイと、彼女のデビュー作「情事」を除いて処分することに。
20代前半の大人になりたい頃に、むさぼるように読み、彼女の本から多くのことを学んだけれど、今後小説を読み返すことはないだろうと思ったので。それは彼女の本に飽きたというのではなく、私が変わったってことなのかな。年齢も生活も環境も経験値も。
f0261628_13361599.jpg

↓これが処分する本。左手にある「ミュンヘンの中学生」はシュタイナー教育の本です。独身時代に教員だった姉の本がなぜかここにあるのです。他にもけっこう姉の本があり、今までは勝手に処分するのも悪いな~と思いそのまま置いておいたのですが、でも、30年間(!)ただの1度も「ね、あの本ある?」と聞かれたことはないので、さすがにもういいですよね(笑)処分することにしました。
f0261628_13363126.jpg

[PR]

by micol_126 | 2017-11-14 14:00 | ミニマリズム | Comments(0)

またまた発見

お部屋の大掃除継続中。。。。どんだけかかってるんでしょ^^;

昨日もブック〇フに10数冊持参。995円也。ほとんど5円とかだけど、1冊だけ重ーい美術書が500円で売れました。一目ぼれして購入した本だったけど1度としてじっくりと見たことなかったなあ。誰かのもとで大切に読んでもらえたら嬉しいと思います。

で、イタリアで購入した日本に関する写真集と、あともう1冊和食器の本も、処分しようと思ったのだけど、ふと、これをばらばらにし、必要なところだけをファイリングしてツアー参加者に見せてあげたら説明も楽になるしいいんじゃないかなって思い、手元に置いておくことにしました。日本の生活の紹介にもなるし、和食器本は九谷焼や清水焼などの写真を切り取って見せようと思います。金沢も京都も訪問地になっていますしね。

f0261628_12195443.jpg

で、ガイド関係の資料もざっくりと整理。

やっぱり口慣らしに音読だな~と思い、音読したい資料を分けていったら、すごい分量になって泣きたくなりました。こんなじゃ今からすぐ初めても4月のツアー開始まで間に合わないじゃない。これ以外にもレッスンに持っていく作文や、各訪問地の準備もあるっていうのに・・・(まいにちイタリア語は2015年1月~3月のもので、応用編が「ニッポンを話そう」。ガイディングに役立ちそうです)

f0261628_12202254.jpg

そして、またまた役立つもの発見。

イタリアの友達アントネッラからもたった彼女の論文2つとジョバンナの1つ。

日本のお城に関する論文
日本美術(狩野派など)に関する論文
茶道に関する論文。

f0261628_12191527.jpg
アントネッラにはローマ滞在中にもイタリア語学習のお手伝いをしてもらって、本当にいつもいつも気にかけてくれて、彼女がいなかったら今の私はないってくらい、本当によくしてもらったのだけれど、まさか日本文化のことまで彼女のお世話になるとは思いませんでした。私は彼女になにもしてあげなかったのに・・・これからじっくり読んでみたいと思います。

でもって、去年ナディアが来日した時に持ってきてくれた雑誌も発見。1年前のだけどまだまだ読める記事もあるので、これにも目を通そう。。。。な~んて考えていると、ほんとに時間がないなあと(私のペースではね^^,)

f0261628_12193293.jpg
身も心も家もすっきりとして新年を迎えられたらいいなあと思います058.gif




[PR]

by micol_126 | 2016-12-26 12:23 | ミニマリズム | Comments(0)

大掃除

憧れのミニマリスト目指して大掃除中。。。

っていうか、なにもかもいらなくなった。。。

ウソウソ、なにもかもっていうわけではないけれど、洋服もクローゼットに収まりきれないし、本も資料も狭い部屋に山積みになっていて窒息しそうな気分。

ってことで、まずは洋服。ちょっとヨレヨレのものは捨てる。着てないものも捨てる。迷ったら・・・ほぼ捨てる。

いらない雑貨、可愛いなあと取っておいた紙袋、あれこれあれこれ、玄関にかき集めたらすごいことになりました。ゴミ捨て場に何往復したかな・・・?

f0261628_19392352.jpg

次は15年前の語学学校の教材とかコピーとか、後生大事に取ってたものも処分。ついでにイタリア語学習本もいくつかはブックオ〇で売却。他の本と合わせて売ったら、全部で870円也。まだ半分あるので近いうちに持っていこう。


f0261628_19394092.jpg
f0261628_19395494.jpg

まだまだ途中だけど、なんだかちょっとすっきり。

あと、イタリアで購入した、いったいいつ読むんだろう・・・って思うような、重~くてずっしりくる図録や写真集などは捨てるしかないかな~。

ま、断捨離の基本は誰にもあげずに捨てることに意味がある(捨てるという行為で心が痛めば、むやみに買わなくなるってことなのかな?)らしいから、ここはひとつ思い切って処分しないと。

今まで整理が手つかずだったガイド用資料を仕分けしていて見つかったものもある。

以前の研修で購入した鎌倉大仏の資料とか、金沢の資料等々。これはほんとに必要なものだったから良かった~♪

f0261628_19400453.jpg

やっぱり整理整頓するといいことあるなあ。

もう少し頑張りま~す。


[PR]

by micol_126 | 2016-12-23 19:46 | ミニマリズム | Comments(0)

10冊の本

昨日は近所のブッ○オフに不要な本を持参し売却。

900円也。

いつもより高いけど辞書とかCD付き語学テキストとかもあったからかしら・・・

調子づいて、そのあともまだまだ不要本を選んでいます。今までずっと大事に持っていた森瑤子さんの本もエッセイや何冊かの印象的な小説以外は手放そうかなと。。。。

今までは好きな作家の本は手放さずにいたけれど、今後絶対読み返すことはないだろうと思う本は手放してもいいかなという気持ちになってきました。

で、逆に、じゃあ絶対手放したくない本はどれだろう・・・たった10冊だけもし手元に残せるとしたら・・・と、考えてちょっと選んでみたのですが、修行が足りない(?)のか、とても10冊だけなんて選びきれません。1分で諦めました(笑)

ってことで、でも、とりあえず好きだなあっていうエッセイをパパパッと瞬時に10冊選んだら、こんな感じになりました(・・・と思ったら朝吹登水子さんのは小説でした・・・)。もちろん他にも好きなエッセイはありますけれど、とりあえず最初の10冊ね。

70年代に出版されたものもいくつかあります。おそらく姉が買ったものではないかと。4歳上の姉が買う雑誌やおしゃれに関するエッセイを私も背伸びして読んでいたんだと思います。それがなぜか今我が家にあるのよね。

モレシャンさんの「失敗しないおしゃれ」は、1975年となっていますけど、今読んでも全然古くない。もちろんイラストには肩パットが入っていたり、メークの仕方がちょっと違ったり、表面的には現在と随分違うところもあるけれど、本質的な部分でのお洒落といういみでは、世代や時代を超えて、現在でも大いに参考になると思うんですよね。私にとっては今読んでも刺激的。

「いま普通の暮しがすてき」も、ほんとに憧れでした。これは1988年、バブル全盛の頃の本です。バカラのキャンドルスタンドとかオリエント急行での旅とか、わくわくドキドキでした。。。。って、これ、バブル当時でも「普通の暮し」じゃないじゃないですかね~(笑)こういうお洒落な話題を「普通の暮し」と定義づけているところが「お洒落」なことだったんでしょうかww そこにまんまとはまってしまいました(笑) でも、たくさんの夢をもらえたので、今でも大好きなエッセイです。

でも写真をみると、フランスがらみのエッセイが多い。じゃ、なんでイタリア語始めたんだろう・・・(笑)
「花の都 パリ」への憧れはやっぱり永遠ですね(←じゃ、フランス語やれよって感じですがww)

f0261628_1027239.jpg

[PR]

by micol_126 | 2016-07-03 10:47 | ミニマリズム | Comments(2)

rinascita’

ただいま断捨離中。

youtubeで勝間和代さんが断捨離をして人生が変わったみたいなことを言っていて、私も人生を変えよう(^^!! と、何十回目かの決心をして、今朝からいろいろ捨てています。

本当はイタリア語レッスンの宿題もあるし、それにあわせ今月末のツアーとその後の個人旅行アテンドの下見もあるのでやることはいっぱいあるんだけど、でも、このチャンスを逃すと11月末までこれほど時間をかけて家の整理をすることはできないなあと思い立ち、とりあえず今日、明日は断捨離を優先しようと決めました。

そもそも去年あるところに請求書を送付したかどうかがわからなくなり、今更請求できないしなあ・・・と諦めていたところ(金額もそれほど多くなかったので)、ある時記帳したら知らない会社から入金があり、結局はちゃんと請求していた、ということがあとになってわかったということがあって、その時以来、フリーランスで働くためには、書斎回りも常に整理整頓しておかないと、自分が損する可能性があるんだ、と実感したんですよね。

ま、それから何か月も放置していたのですが、ここにきて、色々資料を集めても、必要な時に見つからない(泣)という痛い思いを何度もしているので、きっちり整理しようと思ったんです。

それに、洋服も、クローゼットは溢れているのに結局おんなじものしか着てないし、ヒールのある靴は今のこの状態ではほとんど履けない。バックも重いものは持てない・・・・等々、問題もありまして、

そういう視点から、靴を7足、洋服をゴミ袋一袋、バック3つ処分することにしました。

本はラジオ講座のテキストなどは捨てて、売れそうな本はブッ○オフへ。

少しはすっきりできるといいな。

f0261628_1432373.jpg

[PR]

by micol_126 | 2016-07-02 14:33 | ミニマリズム | Comments(0)

お片づけ

断舎離続行中。

でも、気をつけて作業していたのに、おとといは腰がとっても痛くなり昨日のリハビリで家の片づけをしていて云々といったら、どんなに気をつけてても負担がかかってますよ~と注意されました。そうよね~015.gif

今回断舎離を決意したのは、スポーツクラブに入会できなかったためっていうのもあるけれど、突然身軽になりたくなったっていうのが本当のところ。

ヘルニアになってからのこの1ヶ月半、重いものは持てないわ掃除機をかけるのも苦痛になるわで、普通の生活がほぼ不可能だったわけなのですが(多分ほんとーに綺麗好きな人は色々工夫しながらやってたと思うけど)、この年齢でこれってことは、10年後ってどうなんだろう・・・・と考えたら、必要最低限のもので身軽に生活したいと思ったのです。物は少なくなっても、それによって掃除や整理整頓が楽になれば、掃除の時間短縮にもなって、かえって生活の質があがるのではないかetc. 等など考えていたらいてもたってもいられなくなりました。

ということで、思い立ったが吉日。腰に気をつけつつせっせと片づけています。

忙しくなるまでになんとかめどがたてばいいなあと思います。

あ、そういえば、片づけている最中、ここ数カ月行方不明だった図書館のカードが見つかりました。
再発行手続きとらなくてよかった~

嬉しくてさっそく借りに行きました。

f0261628_2324588.jpg


東京検定は以前も借りたことがあったけど、中途半端なまま返却しちゃったのです。

あとは仏教と神道に関する本、子供用歴史の本、お守りの本です。

東京は明治神宮・浅草寺という観光のゴールデンルートがあるので神道・仏教ともに説明する機会がありますからね、深く深くしってないと困るのです。

イタリア語の勉強もしないといけないのだけど、オーディオマガジンを聴いてるくらいかな。涼しくなってきたのでそろそろ再開したいです。
[PR]

by micol_126 | 2014-09-13 23:33 | ミニマリズム | Comments(0)